杏の種から生まれたエイジング・スキンケアシリーズ

各商品の使い方

毎日のケアが明日につながる

btn_use_item1btn_use_item2btn_use_item3btn_use_item4btn_use_item5btn_use_item6

クレンジング&マッサージオイル(クレンジング)

oteire_1

軽やかな植物油脂でメイクも汚れもやさしくふき取れます。
(1)しっかりメイクは、手のひらにポンプで1押し取り、唇、アイシャドー、眉につけふき取ります。
(2)1押し取り、額、鼻先、両ほほ、あごの5点につけて、顔全体にのばして汚れを浮かします。化粧用のティッシュペーパーで軽くおさえてふき取るか、水か化粧水を少量含ませたコットンでやさしくふき取ります。

  • ノーメイク・軽いメイクは(2)~でOK
  • ワンプッシュで、約180回使用可能

 


クリーン(洗顔)

oteire_2

水かぬるま湯で、顔を軽くぬらします。ポンプを押し、手のひらに泡を乗せ、両手でのばし、顔全体を泡で包み込むように洗顔してください。
優しく洗い、十分にすすぎ、タオルで軽くおさえるようにふきます。
泡立てる手間いらず!

  • ワンプッシュで、約200回使用可能
  • 朝は1プッシュ、夜は2プッシュの使用方法で、約2カ月間お使いになれます。

 

モイスチャーローション(化粧水)

oteire_3

朝晩の洗顔後、スプレーを顔に合わせ1~2回噴射、ローションを手のひらで、顔全体をやさしくおさえるように伸ばしてください。

  • コットンに多めに含ませ、乾燥しやすい目元や目尻に軽くのせるローションパックもおすすめです。
  • 噴射の際、目に入らないようにお気をつけください。

 

ピュアオイル・アプリシャルオイルアルガーヌライト(美容オイル)

oteire_4

朝晩ローションをつけたらすぐに、オイルを手のひらに2~3滴とり、軽くマッサージをするように顔全体にうすく伸ばしてください。
乳液クリームはいらなくなります。
また杏仁オイルは、肌を柔らかくし、うるおいを保ち、紫外線からのダメージを守る役目もありますので、メイク時のベースオイルにもなります。

  • しぼったぬれタオルをレンジで約1分加熱、オイルをつけた顔に冷めるまであてる。蒸しタオルオイルパックもおすすめ。
  • ラップをするとタオルにオイルがつきません。(レンジによっては高温になる場合があるのでご注意ください)
  • 肌に必要な油分と水分のバランスを保つため、モイスチャーローションとピュアオイルまたはアルガーヌライトを併用してお使いいただくとより効果的です。
  • アプリシャルのトータルケアもおすすめします!

まだある「ピュアオイル」のこんな使い方

  • 唇や手の荒れ、髪の毛のパサつきにもお使いください。また、小さなお子様のカサカサ肌にもお使いいただけます。
  • 特に気になる箇所に、また乾燥がちなところには、ピュアオイルを多めにつけて軽くマッサージしてください。マッサージで、より効果的です。

 

シルキーエッセンス(美容液)

oteire-5

洗顔、ローションの後に使用してください。手のひらに1~2滴とり、指先で気になるところから、やさしく顔全体に伸ばします。
その後に杏仁オイルを少量使うのが、より効果的。

  • シルクのヴェールでやさしく肌をつつみます。

 

サンシルキー(UV対策)

oteire_5

ピュアオイルやシルキーエッセンス(または通常お使いのスキンケア)の後に、適量を手のひらにとり、顔全体にのばすようにつけてください。
その上からファンデーションをつけてください。
気になる首、腕にもお使いいただけます。
紫外線を多く浴びる場合は、2~3時間ごとに、つけかえると良いでしょう。

  • 忘れがちなのは手の甲や裸足の足の甲!日やけしやすい部分なので夏には特に気をつけましょう。
  • 生活紫外線防止に毎日UVケアをすることをおすすめします。